ひとときカフェ水粧館

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

乙女の柔肌水とジェルクリームに、-Light- 新発売!
  先週 熊本城の 桜も開花し、満開間近の 温かい季節になりましたね。
  一昨日、阿蘇へドライブに行きましたが、白やピンクの山桜に癒されてまいりました
 
  さてさて・・・地の塩社の大人気商品!
  あの 「乙女の柔肌水」「乙女の柔肌ジェルクリーム」 に、
  脂性肌の方にもおすすめの-Light-シリーズが出ました  

乙女ーRight-

  乙女の柔肌水-Light- ・・
    肌を引き締めながら潤いを保ち、ハリとツヤを与える温泉水 ・コメ発酵液 と、
    6つの保湿成分(チャ葉エキス、ハマメリスエキス、セージエキス等)をブレンドした贅沢な化粧水
    ライトな使用感で肌のコンディションを整えますので、脂性肌の方はもちろん、
    さっぱりした使用感をお好みの方にも適しています
                                         150ml ¥1800(税抜価格)

  乙女の柔肌ジェルクリーム-Light-・・
    脂性肌が気になる方のために、油分を抑えてありますが、
    必要な潤いは逃さないため8つの保湿成分(紅茶エキス、コメ発酵液、ヒアルロン酸Na等)と、
    山鹿の 天然温泉水、スクワランをブレンドした美容ジェルクリームです。
    保湿クリーム、美容液の役割のほか、下地クリームとしても使える優れものです♪
                                          55g ¥2200(税抜価格)

   水粧館で、化粧水とクリームをぜひお手に取っていただき、
   その良さを実感していただけたら・・嬉しく思います。
   皆さまのご来店を心よりお待ちしております


    もご覧ください 
   乙女の柔肌水 ライト
   乙女の柔肌ジェルクリーム ライト




△ページトップ

山鹿温泉 さくら湯 「乙女の柔肌シリーズ」
26日(土)、27日(日) 久々の気持ちの良い晴天に恵まれた熊本県下では
天皇皇后両陛下ご臨席のもと「全国豊かな海づくり大会」が開催されました。

各地で多くの催し、熊本市内では県外の警察車両や警備の方を多く見かける特別な週末でした。


同じ週末、山鹿では歌舞伎の海老蔵さんが八千代座で公演され、
山鹿に滞在(24~28日)されていたようです。

海老蔵さんのかなり頻繁に更新されるブログに、山鹿の温泉や美味しそうな食事もよく登場して何処なんだろう?
と、とても気になりました

さくら湯にもぷらっと行かれたようで、泉質は「乙女の柔肌」と例えられるトロトロの温泉にかなり喜ばれているようでした

            


前回のブログでもご紹介させていただきましたが
水粧館では先週、熊日の記事(10月20日朝刊)をみて、
山鹿の本社にお問い合わせ頂き、
さくら湯を配合した「乙女の柔肌シリーズ」をお求めにお客様にご来店いただいてます。

2013熊日記事→くまにちコム

ありがとうございます

水粧館は
通町筋(パルコ側)から下通りに入ってアーケード内を歩いていただくと
右手にダイエーが見えてきます。そこから2分ほどです。
献血センターや三国屋さんがある並び、カラオケ館の横のビルの2階です。
地図


銀座通りとの信号のある交差点の角のビル2Fです。(1Fは肉巻きおにぎりやさん→カドバルに変わりました H27現在)
ちょっと判りにくいですが、緑の円柱のところにはエレベーターもございます。
DSC_3531.jpg
階段の所にはオレンジ色看板があります



新市街のほうから来ていただくと、銀座通りとの交差点からは
こげ茶色の地の塩社の看板が目印です。
P1000258.jpg

DSC_3536.jpg       DSC_3519.jpg



リラックススペースの洗面台にも、乙女の柔肌シリーズが自由に使えるように
なっていますので、ぜひお試しくださいね


DSC_3527.jpg


                    DSC_3495.jpg





△ページトップ

乙女の柔肌水、熊日新聞に!
10月20日、本日の 『 熊本日日新聞 』を、皆さまご覧になられましたか?

 !cid_01_131020_124738__DM007SH@softbank_ne.jpg

その1面の左端真ん中あたりに
      
DSC_3499.jpg

地の塩社『 乙女の柔肌 』シリーズ を、
大きく取り上げていただいております。

!cid_04_131020_124915__DM007SH@softbank_ne.jpg

『乙女の柔肌』シリーズ は、山鹿温泉水をブレンドした、
 化粧水、ジェルクリーム、石けんの3アイテムが揃った人気のシリーズです

熊本県特産品開発の一環として、2011年に発売以来、
韓国の若い方達のブログなどで話題となり、
現在まで予想外のヒット商品となっています。
韓国では初年度から2000本、2012年は9300本と約5倍増、本年度も好調な売上げとのこと 


その中でも主力は  の保湿化粧水 「乙女の柔肌水」 です。

6つの保湿成分( コメ発酵液、サクラ葉エキス、シコンエキス、ヒアルロン酸Naなど )に山鹿さくら湯温泉水 
べたべたはしないのに、しっとり感が長続きする、優れものの化粧水です。

DSC_3509.jpg
DSC_3510.jpg

そしてカサカサ肌に潤いを与え、キメを整えてくれる、「乙女の柔肌ジェルクリーム」 と、

お肌をしっとりふっくら洗いあげる馬油配合の 「乙女の柔肌石けん」 です。

!cid_01_131020_125043__DM007SH@softbank_ne.jpg

水粧館にもここ最近、韓国からのお客様がかなり増えていましたが、
この韓国のブログなどの影響も大きかったのではないでしょうか。

美肌の方が多いといわれる韓国の方に大人気の 「乙女の柔肌水」
水粧館にはいつも置いておりますので、皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております 


                                   乙女の柔肌水 150ml ¥1890(税込)
                                   ジェルクリーム 35g  ¥1995 (〃)
                                   乙女の柔肌石鹸 80g  ¥840 (〃) 

                                   地の塩社HP→ 乙女の柔肌水 ご紹介


   くまにちコム←こちらもクリックどうぞ 


△ページトップ

桜の季節の石けん
  「いつ咲いたの?」
  なんて声が出るほど、開花から7分咲きまでがあっという間でしたね 

  この間通った時は、確か蕾すら気にしなかった御幸坂もご覧の通りです 
                           
CAIMTSK1.jpg

 「桜」といえば・・もちろん 
 地の塩社の「さくら湯石けん」
                       ですね♪

imageCABHGYTB.jpg
CAW1PV60.jpg

 去年11月に開湯(かいとう)した「さくら湯」の温泉水を使用 
 サクラ葉と、オクラの植物エキス配合
 洗浄力と保湿力をそなえた粘土、モロッコ溶岩グレイも!
 ツルツルで滑らかな洗い上がりを体験されてみませんか?
 朝晩と日中の寒暖差が大きく、風の強い日もあり、お肌に負担がかかるこの季節  にお勧めです。

 そして、「さくら湯石けん」の後には・・・

 天然成分満載、お肌に潤いを与え素肌美人を作ってくれる 
 「さくら湯化粧水」 をどうぞお忘れなく 

CAUL72CJ.jpg






△ページトップ

さくら湯温泉、初体験!
  くまモン に遅れをとること数日後・・・
  行って来ました! さくら湯温泉 ~ 
  
  こちらが、一般の方の入り口です。
   ※「さくら」の字体にご注目ください 
 
さくらゆ3

  営業時間は、朝6時から夜の12時まで
  いろんな時間帯にお風呂が楽しめていいですね 
  そして入浴料もお安いです。

さくらゆ2

 
  中に入って、左手の自販機でチッケットを買います。
  
  こちらに、地の塩社石けんシャンプー(15ml)と、クリームリンス(12ml)(各¥100) 
  無添加石けん(ベビー全身ソープ 10g ¥50)と、
  乙女の柔肌石けん(馬油配合 10g ¥100) が、
  販売されています。
  
  特に、新発売の「乙女の柔肌石けん」は、さくら湯の温泉水と馬油を練り込んだ
  ただ今水粧館一押しのオススメ石けんです 

さくらゆ4

さくら湯サンプル

  
  そして、なにより興味があるのは、その泉質ですよね 
  それは、湯の花が浮かぶ、透明のぬるめのお湯でした 
  平安時代の和名抄に、肥後の国山鹿群の「湯泉郷(ゆのごう)」と出ており、
  全国に知られた山鹿温泉の元湯が、さくら湯!
  想像以上にしっとりで「乙女の柔肌」と例えられた泉質は、温泉そのものがまるで化粧水のようです。

  それほど素晴らしい さくら湯の温泉水を使った、
  「さくら湯化粧水」「乙女の柔肌水」「さくら湯石けん」などなど・・・
  皆様にぜひお試しいただきたい商品を地の塩社では沢山作っております。 
 
さくらゆ7

  冒頭で、「さくら」の字体に・・と申しましたが、
  ↓こちらは先ほどとは反対道路側の入り口です。
 「さくら」が変体仮名で表記されています。
  江戸時代、細川藩主の御茶屋だったさくら湯。
  お殿様はこちらからお入りになられたのですね。

さ  くらゆ5
さくらゆ6

△ページトップ